fc2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
トランジットモール
さるとる(10.15)

こんばんは。今日の日中は、快晴。今は涼しいです。朝晩涼しくなりましたね。今日の朝は寒かったぁ。季節の変わり目です。体調には、気をつけてください。

夕方ニュースをみていると、ニューワードが飛び込んできました。
今日は、この言葉をご紹介。
これまた、皆さん知ってはりましたら、ご容赦ください。

その言葉とは、「トランジットモール」。

ご存じですか?

意味としては、車は公共交通だけ許される歩行者優先道路のことです。

このトランジットモールが、この程、古都京都の中央通り四条通りで行なわれたとのことです。

区間は、四条通りと河原町通り、烏丸通りの交わる各交差点の間。また、四条通りと南北に交わる8本の路線もこれに伴い車両通行禁止。

四条通りは4車線からなる道路で、普段は、通過車両と路上駐車で、渋滞路線となっていたそうです。
また、歩道には自転車の駐輪で歩行者の通行を阻害していたとか。

この渋滞を解決し、歩行者優先の人にやさしい道路を目指すべく、京都市と地元住民、商店街からなる「歩いて楽しいまちなか戦略推進協議会」が中心となって、この企画を実施したようです。

警察官に市職員、ボランティアスタッフ等実施にあたって物凄い数の人達が動員された様子。

具体的には、4車線の道路を2車線にして、歩道を広げるというもの。

これは、そんなまちをつくるには?という目的をもった3日間という期間限定の“実験”なのですが、京都ならではのなんともスケールの大きな実験ですね。

車道の特設歩道には、木目の板が張られ、その上に、これまた、木目のベンチがおかれて、特設ながら京都の景観を配慮。
歩車道の仕切りである鉄柵を背もたれに簡易なベンチ(木目調)が取り付けられたもので印象的でした。
12日から14日まで行なわれたそうです。

インタビューに応じた商店街の店主が答えました。

「他の大都市と同じようなまちのあり方をしてたんじゃぁ、これからはあり得ません。京都らしさを出していかなければ。」

京都ですよ!!

トランジットモール実験に国際観光都市「京都」のただならぬ決意を感じました。

~さるとるのつぶやき~

あせらないあせらない
スポンサーサイト



copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.