fc2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
Siセンサーコンロ
さるとる(3.19)

こんばんは。今日は、一日雨でした。昨日の天気予報どおりとなりましたね。

さてさて、突然ですが、皆さんのお家では、何でお料理を作られていますか?

「鍋」・・・。

いやいや、そうではなくて、コンロはなんですか?

僕の家では、「IH」です。
昔はというか、実家では、ガスだったのですが、「安全」面を重視して、「IH」にしています。

最近は、「オール電化」なんてよく耳にするように、家を建てる設計時点から、コンロは「IH」というお宅が多いようです。

自分家(じぶんち)が「IH」を使っておきながらなんですが、昔、ガスの独壇場だった台所が電気に変わってきて、ガスはどうなるのかなぁなんて心配してしまいます。

そう思っている矢先に情報を仕入れたのが、タイトルのSiセンサーコンロです。Siはエスアイと読みます。
これまで、ガスの課題といえば「安全性」でしたが、それを払しょくするために、ガス業界全体が一丸となってSiセンサーのコンロ普及に努めているとのことです。

ところでSiセンサーのSiって何を意味するんでしょう?

Sは安心(Safety)、便利Support)、笑顔(Smile)のSで
i は賢い(Intelligent)のiだそうです。

すなわち、Siセンサーコンロとは、
お客様に安心(Safety)、便利Support)、笑顔(Smile)を約束する賢い(Intelligent)センサーを搭載したコンロという意味になるとか。

Siセンサーコンロの特徴は、消し忘れで天ぷら油が発火しないよう250度で自動的に火が消える機能(調理油加熱防止装置)、万一の火の消し忘れを防止する機能(消し忘れ消火機能)、風や吹きこぼれで火が消えたときにガスを自動的に止める機能(立ち消え安全装置)といった安全機能の搭載にあります。

ガスに出来てIHにできないことは、中華鍋を宙に浮かせてダイナミックに作るチャーハンか。

IHが圧していた中、Siセンサーコンロの出現。これから台所市場はどうなるのか。注目です。
スポンサーサイト



copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.