fc2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
地価公示
さるとる(3.25)

こんばんは。今日は、日中はいいお天気でしたね。夕方から雲が出てきましたが、雨はなし。
今日は、準備万端、ちゃんと傘を持っていってたんですけど・・・。ま、こんなもんです。

さてさて、今日は、ニュースの話題を綴りたいと思います。

昨日、「地価公示」が発表されました。

「地価公示」

皆さん、ご存知ですか?

「基準地の価格」をいいます。

国土交通省が発表します。価格時点は、1月1日です。

物を売り買いするときに『相場』ってものがありますよね。
で、この相場に基づいて、売り買いされるんですが、「地価公示」は土地の売買価格の判断基準になる公の示した『相場』といえるんじゃないでしょうか。

さて、その「地価公示」ですが、最近の傾向は、「都市」は上昇、「地方」は下落という格差を生んでいるのが特徴です。

今年もそのトレンドは変わりませんが、「都市」の上昇率、「地方」の下落率は、ともに縮小しているとのことです。

「都市」の上昇率の縮小は、海の向こうのサブプライムローン問題が影響しているそうです。

サブプライムってアメリカのローンの問題だと思うのですが、海を越えて、日本の土地価格にまで影響を及ぼしているんですね。


大きな話はさておき、身近なところの「地価公示」はどうでしょう?


新聞によると、兵庫県では、住宅地、商業地が2年連続で上昇、工業地も17年ぶりにプラスに転じたとのことです。
”景気”のいい話じゃないですか。

じゃぁ、我が「三木市」もプラスか?!

この記事の上昇というのは、県内の基準値の平均値のことで、県内の全部が全部、上昇しているわけではないのです。

ですから、残念ながら、「三木市」は、まだ、マイナス傾向にあります。
下げ幅は縮小されたんですけどね。

安いのは、いいことですね。
買いやすくなりますから。

でも、安くなりすぎるのはいかがなものでしょう。
「値打」がないということですから、ちょっと・・・。

土地の価格は買い手市場になると上昇に転じます。
買い手市場になるには、なにがしかの「魅力」が必要です。

「三木市」は、こんなにいいところなのに、下げ止まらないのはなぜ?

三木市に「魅力」がないの?
ネガティブな話題が多いのでは?
ひょっとして、あまり知られていない・・・。

土地の値段が乱高下するのは、それはそれで、問題だと思うんですけど、上昇しているところもある中で、下がり一本調子だと、三木市が安く買いたたかれているようで、悲しい気分になります。

「三木市の魅力」

「地価公示」の発表に決意新た、もっともっと、PRしていきたいと思います。
スポンサーサイト



copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.