FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809
三木JCが開く三木市の新たな1ページ
さるとる(8.2)

国定勇人三条市長 in 三木 !!

こんばんは。今日も一日暑い天気でした。
朝からTVを見ていると、「90」という文字が大きく映し出されています。
なんだ?
と疑問に思うも束の間、すぐに何が放送されたのか理解しました。
夏の高校野球甲子園大会90回大会の入場行進のシーンでした。

夏の甲子園大会。
三木市とは直接関係ありませんが、今年は、思い出に残る大会になりそうです。

なぜ?

この大会のおかげあって、ある要人が三木市にやってくるのですから。

その要人とは。

三条市長、国定勇人市長です。

国定市長が三木市に来られるという情報をキャッチしました。
国定勇人

つい最近まで、全国最年少市長だった市長で、三木市と同じ金物で有名な市の市長です。

その市長が、三木市にやってくる。これは三条市と三木市の新たなページが開かれるといっても過言ではないのでは?と興奮を隠せません。

ところで、「何故?」と思いませんか。

たしかに、夏の甲子園で兵庫県にこられるとはいうものの、どうして、三木市に来られるというのでしょうか。

以前、スクープと題して、ブログに綴りました。
三木市の姉妹提携市である武雄市の市長、樋渡市長が三木JCに講演のため三木市に来てくださることを。

が、残念なことに、市民病院の民営化に関して一部市民の理解を得ることができていないため、今は武雄市第一との判断の下、三木市に来れなくなったという一報をいただきました。
僕は、三木市民ですからこのことを聞いて非常に残念に思いましたが、武雄市のことを真剣に考える樋渡市長の判断ですから、仕方ないと思いました。

が次の瞬間、「三木JCの講演はどうなるの?」と思いました。

樋渡市長を呼ぶことに対してものすごく張り切っていたJCの委員長「どうするねんやろう?」と心配になりました。

以前、樋渡市長が三条市に行かれたということをブログで書きました。
それはそれは、盛大なお迎えだったことが、2人の市長のブログを読んでうかがえます。

武雄市と三木市は姉妹提携市。
武雄市と三条市は市長間交流から市民への交流へと発展しつつある都市。
三条市と三木市は金物つながりのある都市。

それで、三都市でつながったら面白いだろうなぁなんてつぶやきました。
僕の勝手な思いつきであり、妄想です。
妄想ですから、実際は難しいだろうな~と思っていました。

今回の樋渡市長訪問に対する期待は、それを可能にしてくれるかもと思っていたんですが・・・。

しかし、僕の心配をよそに、その男は、三市連携の足がかりとなるであろう計画を実行に移しました。

今回、三条市長を三木JCの講演へと導いたのです。
ブログで好き勝手なことをノタマワッテいる僕なんかとは大いに違い、実現に向けて動いた偉大な男です。

あ!でも、それを支えたバックがあったればこそやったんでしょうね。きっと。
三木JCのトップをはじめ、三木JCの組織の柔軟さを思うと、うらやましく思います。
これがやっぱり民間なのかなぁ。

いやいや、しかし、これを受けた国定市長も柔軟ですよね。
ひょっとしたら、樋渡市長がお願いしてくれていたりして。

しかし、もし、このことがきっかけで、三市の連携ということになれば、その一端は紛れもなく三木JCの功績ということになりますね。

三木JCは、すごいことをやってのけようとしています。

読者の皆さん、僕らは、三木市の歴史の新たな1ページがめくられる時に立ち会おうとしているのかもしれません。

僕は、この記事を書きながらふるえを覚えます。
すごい瞬間を記事にできたのではないかと。

だから、三木に来られることを決めた国定市長のブログのタイトルは、”決断”と大きなタイトルだったのかもしれません。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.