FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200810
スノーピーク
さるとる(9.21)

はし 001

上の写真は、マイ箸です。
開封前の状態です。

スノーピーク(snow peak) 社製です。

8月4日に手にして、写真を撮りました。

この写真、一度UPしています。

覚えておられるでしょうか?

そうです!

国定市長が、三木市にお越しになられた際に、僕と熱血漢丸坊主クンがいただいたお土産です。

スノーピーク(snow peak)

三条市に本社のある会社です。

前身は山井幸雄商店。創業は1958年7月で、金物問屋としてスタートです。
初代社長の山井幸雄さん、登山が趣味だったようで、当時の登山用品に不備を感じ、オリジナル登山用品を開発して、全国に販売を開始したのが 「スノーピーク」の始まりです。(1963年商標登録)

社名がスノーピークに変わったのは、山井太氏が社長に就任1996年12月のことです。

スノーピークの特徴は、(HPで見る僕の勝手な特徴づけですが)「モノづくりの理念」にあるかと思います。

仮説と検証

これは、創業者から受け継がれてきたことだそうです。

『幸雄のモノづくりのポリシーは、自分自身が道具を必要とし、道具を使うユーザーとして欲しいモノを形にするという非常にシンプルでストレートなものでした。試作したプロトタイプはすぐ現場に持ち込まれフィールドでテストが繰り返され、「仮説-検証」というプロセスを徹底することにより製品の品質を高めていきました。…徹底してユーザーの立場に立った製品開発を行うこと、そしてフィールドで実証することにより品質を磨くこと、幸雄によって培われたこの2つの創業の精神はスノーピークのモノづくりの根本であります。』(スノーピークHPより)

これって僕らも大いに見習わなければならないことですね。

越後三条鍛冶祭りでスノーピークさんに会えるかな~。
「僕、スノーピークのお箸持ってますよ。国定市長にいただいたんです。」
って伝えたいと思います。

プラス

「三木は、自然豊富で緑豊かなまち。スノーピークさんの市場がここにありますよ~。」と伝えたいとも思っています。
三木の地で是非、仮説と検証をやってくだされば…、なんて、どこまでも欲張りなさるとるです。

越後三条鍛冶祭りまで、ちょうど1週間です。
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.