FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200903
え?!えぷろん三木さん、いきなり!!
さるとる(2.1)

こんばんは。今日は、めちゃ寒かったですね。外に出ると、凍りつくような寒さでした。
こんな寒い日は、やっぱりあつ~いおうどん。
ふ~ふ~いいながら食べるのがたまらなくおいしいんですよね。
今日は、そんな身も心もあたたまるおうどんのお話です。

今日は、今年の4月から兵庫県で始まりますデスティネーションキャンペーンのプレイベントがナメラ商店街とその周辺で行われました。

デスティネーションキャンペーンとは、かなり荒っぽくいってしまうと、観光キャンペーンです。

観光でやっぱりこれは外せないな~というところは、観るところ、遊ぶところもさることながら、お土産場と食べるところ、もっといえば「食」そのものだと思います。

先日、といっても、記事でいうと2本前、「えぷろん三木さんとともに」と題して、えぷろん三木さんとみんなの心を打つ、三木の「食」を考えたいんだいうことを考えていると綴らせてもらいました。
その「食」とは、観光に訪れたお客さんだけでなく、三木を訪れたお客さんが、三木に来たらこれを食べようというものでなければなりません。

で、今日、試作品ではありますが、三木市の新名物になる可能性のある「食」がえぷろん三木さんによりふるまわれました。
プレDC 021

これの名前は、
プレDC 022
といいます。

このうどん、三木らしく、これで作られています。
プレDC 023
三木市は日本酒の原料、山田錦の産地ということもあって、お酒を麺に練りこんだうどんです。
その名も、「美酒うどん」。

このうどん、食べた触感は「つるつる」です。
今回、ふるまわれたうどんは、「かじや風うどん」。

どうして「かじや風」なのかというと、使われている具材と関係があります。

具材は、タコとナスビ。

タコとナスビには身体を冷やす効果があるんだとかで、昔、鍛冶屋職人が、仕事で火照った体を冷やすのに、このタコとナスビの入った鍛冶屋鍋(すき焼き)を食べたんだとか。

タコは、明石に近いこともあって手に入れやすかったんですって。

というわけで、タコとナスビが入ったうどんなので、「かじや風うどん」ということなのです。

とってもとってもおいしかったです。

正直、これを食した瞬間、感動を覚えました。


が、僕の記事を読んでくれた「えぷろん三木さん」たちは、三木の特産でもって、国定市長にお礼をするということに共感を示してくださいました。

ということは、あれしかありません。

タコとナスを使って、あれができるのか、正直、僕には、想像がつきませんが、お会いした皆さんの顔には何か自信めいたものを感じた気がします。

やってくれることでしょう。

えぷろん三木さんの新たな挑戦が始まりました。


でも、今日のほっかほかのうどんはほんとにおいしかったですよ。
えぷろん三木さんごちそうさまでした。
プレDC 024

明日は、三木のお土産、のこぎりクッキーについて書きます。
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.