FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
将棋の日に繋がる加古川と三木
さるとる(11.7)

こんばんは。今日は、三木金物まつり。鏝絵、見てくださいましたか?金物まつりは明日もやります。是非、みてみてくださいね。そうそう、金物史料館で行われている伝統工芸士展もぜひどうぞ!

さてさて、今日はお約束の『将棋の日』に繋がる加古川と三木です。

この写真わかりました?
型紙 006

加古川市では、「第35回将棋の日in棋士のまち加古川」と題して、様々なイベントが開催されています。
その一環で、加古川市松風ギャラリーでは、『加古川発JAPAN BLUE 今・昔 展』が11月3日から開催されています。

JAPAN BLUE というのは、「藍染」を意味します。

どうして、「将棋の日」に「藍染」なのか???

それは、こちら。

2年前の話なんですが、実は、加古川市のとある民家で、100年以上前の染物の型紙が見つかったんだそうです。

その中に、「将棋の駒」をあしらった型紙があったんですね。

その所有者さん、11月に「将棋の日」があることを知って、この「将棋の駒」の型紙を用いて、藍染の浴衣とハンカチにしたんですね。

その浴衣が、写真なんです。

浴衣が出来上がったときの記事はこちら。

で、下が、将棋の駒をあしらった型紙。
型紙 003

『加古川発JAPAN BLUE 今・昔 展』で撮影させていただきました。


このこと、僕が、アンテナを張って、追いかけてきたというわけではありません。

とある人に教えていただきました。


とある人とは、


三木湯の山街道沿いにある「湯の山ギャラリー」のオーナー筒井さん。


11月5日(木)窓口に、筒井さんがお越しになられ、そのことを教えてくださいました。

ある民家から型紙が出てきた経緯を教えてもらい、一枚二枚が出てきたのでなくて、大量に出てきたこと(その数なんと700枚)、そして、その中に、三木の型紙があるということを教えてもらいました。

三木の型紙は、市外で発見されるものが多く、京都でも見つかっているとのこと。

筒井さんとしては、是非、それらの”型紙”で三木の里帰り展をやってはどうかというのです。

うん。

これは、面白い話!

で、やっぱり、本物を見る中で、話をする方がいいだろうと熱心に進められ、それならと、早速、加古川市の松風ギャラリーに行かせていただきました。

ま、残念ながら、「将棋の駒」の型紙に「三木」の文字はなかったのですが、展示品の中に「三木」の印(?)が押されている型紙を多く確認できました。

三木の金物を使って、型紙が作られていたことがうかがい知れます。

加古川の「将棋の日」イベントに三木が繋がったというのはこういうわけです。
(「将棋の駒」の型紙に「三木」の文字があればなおよかったんですけどね(笑))

ちなみに、三木の型紙の里帰りの話ですが、所有者さんが、三木と親交がある方らしく、かなり好意的にお話を聞いてくださいました。

勘ですが、いけるんやないかな~と思います。

「第35回将棋の日イベントin棋士のまち加古川」の関連イベント『加古川発JAPAN BLUE 今・昔 展』は明日まで。

三木の”型紙”が飾られています。

みなさん、是非、ご覧ください!
スポンサーサイト



ナメラァート→三木金物祭り
さるとる(11.7)

おはようございます。
昨日は、睡魔に襲われ、ちょっとだけ、寝かせて~と目を閉じ、目を覚ますと朝でした。

よく寝ました。すっきりです。

で、今日は、一昨日お約束した加古川の「将棋の日」イベントと三木の繋がり・・・を綴りたいとこなのですが、今日は、三木市最大のお祭り、三木金物まつりですので、まずは、三木金物祭りについて書きたいと思います。

でも、ひょっとしたら、楽しみにしていた方がおられるかもしれませんので、ヒントだけ。
型紙 006

さてさて、今日のタイトル「ナメラァート→三木金物祭り」ですが、まずは、こちらを。
型紙 014
ナメラァートで、作られた作品です。

この絵は、三木城址にある、三木合戦のひとこま。

真ん中の白馬にまたがる甲冑の武将が、三木城主別所長治公です。
ところで、この絵、普通の絵ではありません。


三木といえば、金物。
中でも、鏝(こて)のシェアは、90バーセントを誇ります。

この絵は、そんな三木ならではの鏝を使って描いた絵なのです。

ナメラァートでの、この絵の製作風景は、テレビでも放送されましたので、ご存知の方も多いかとおもいますが、実物を是非、ご覧ください。

で、どこにこの絵が飾られているかというと、
型紙 013

勤労青少年体育館入ってすぐです。

体育館内には、三木の金物が、いっぱい展示され、販売されています。

三木金物の”本物”を是非、ご覧ください。

皆様、お待ちしております!


さるとる好み
型紙 018
鍛冶屋さんのハッピ展どっかでできひんかな~。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.