fc2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201008
伽耶院のてるてる坊主はお願いご とを天に運んでくれる妖精
伽耶院の竹飾り 011(これはまだ途中段階です。)

本日、休暇をとって、今日から19日まで伽耶院で行う七夕展のお手伝いに。

装飾デザインは、三木市在住の芸術家かよちんとよっちゃん。

朝8時から気が付けば夕方5時まで一日みっちりかかりました。

今日は、三木市観光協会のODAくんにもつきあってもらいました。
二つ返事で快くOKをもらい、助かりました。

ありがとう!!



伽耶院の七夕展。
てるてる坊主in伽耶院1


今回はじめての試みなのですが、一風変わったものとなりました。

七夕というと


笹の葉さ~らさ~ら♪

というように

短冊にお願いごとを書いて、笹に飾る笹飾りが定番ですよね。


ところが、こちらで行う七夕には、てるてる坊主と傘絵が使われているのです。

あ!

笹に飾られているわけではないですよ。

一本約3メートルの竹15本を星型に組んだ骨組みに飾られるのです。
伽耶院の竹飾り 001

伽耶院の竹飾り 002

伽耶院の竹飾り 003

伽耶院の竹飾り 005

伽耶院の竹飾り 006

ところで

どうして、てるてる坊主と傘絵なのか?

どうして伽耶院で行うのか?


これについては、これまで、ブログで綴ってきましたが、ご存知でない方のために。


てるてる坊主と傘絵

これらは、三木市吉川町にあります山田錦の館で、梅雨の季節に合わせて6月22日から27日まで『雨には雨の楽しみ展』と称して展示されました。
雨には雨の…神戸新聞に 003

市内の市立保育所の子供たちに作ってもらった約200個のてるてる坊主と、市内在住の芸術家かよちんとよっちゃん姉弟が行っているかよちん絵教室の生徒約30人が手がけた傘絵が展示されました。
てるてる坊主 040

これが好評で、5日間だけでは短いので、もう少し飾ってほしいというリクエストがあちらこちらから。


山田錦の館では、すでに次の企画(七夕飾り)が決まっており、ここでは行えない。
tanabatapresent.jpg

そこで、もう大分前になるんですが、とんど(1月)の際にお知り合いになった伽耶院にお話を持っていかせていただきました。

伽耶院ではちょうど紫陽花がきれいということで、雨つながりでコラボができるんじゃないかと思ったのです。
たなばた飾り 028

また、住職にはこんなエピソードが。

伽耶院では、毎年8月の地蔵盆に万燈会が行われます。

はじめられたきっかけはご住職が子供達の思い出作りをしたかったということだったのです。


緊張感いっぱいで、お話しを持って行かせていただきましたが、二つ返事でOKをもらいました。


で、最初は、紫陽花とのコラボで『雨には雨の楽しみ展2』をするつもりでしたが、展示が7月からということもあって、急遽、コンセプトを七夕に変更しました。
雨には雨の楽しみ展

で、七夕を現すために、竹で星型を組み、そこにてるてる坊主と傘絵を飾ることになりました。

傘絵は、場所が伽耶院ということもあって、広場の対面に咲く紫陽花をイメージしています。
伽耶院の竹飾り 007

竹の中に吊されたてるてる坊主たちは、お願いごとを天に届けてくれる妖精たちをイメージしており、妖精の頭の中には子供達のお願いごとが入っているのだそうです。
(これは写真なし。来てのお楽しみ(笑))


竹の星の周りの木々には、保育所の園児たちが作ったてるてる坊主が賑やかしく遊んでいます。
伽耶院の竹飾り 009

ここでもまた、ほっとする空間ができあがりました。

伽耶院の七夕展。


皆様、一度、足をお運びくださいませ。

そうそう!
いきなり、門のところで、かわいらしいてるてる坊主がお出迎えしてくれます。
伽耶院の竹飾り 014

伽耶院の竹飾り 012


作業の途中、ゆう工房のファニーおばさん、西山さん、飯山さんが訪ねて来てくださいました。

10月10日に行う移動大人塾の打ち合わせ。

このことについては、またいずれ。

3人とも、伽耶院がとても気に入った様子でした。
伽耶院の竹飾り 004
スポンサーサイト



copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.