FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201212<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201302
命の大切さについて
今日のタイトル、本日、学校で親子ふれあい教室が行われたのですが、そのテーマです。

重いテーマかもしれませんが、小学校卒業まで43日の子どもたちにどうしても伝えよう、伝えたいということで、保護者と子ども共に、命の大切さについて考える機会をいただきました。

限られた時間の中ではありましたが、発言されたみなさんの話は、とってもいい話でした。

子どもたちが全部が全部を理解してくれなかったとしても、何か感じてくれたんじゃないかなぁと思います。

命の大切さについて考える

折しも、阪神淡路大震災があった1.17の翌日、あれから18年たって、だんだんと風化し、命がないがしろにされがちな現代にあって、たとえ一日でもたとえ1時間でも、尊い命について考えさせていただけたことに深く感謝します!!
ひろしま駅伝、頑張れ兵庫!頑張れ!西村陽貴!!
1月20日(日)、広島で第18回全国都道府県対抗男子駅伝が開催されます。
広島の2つの世界遺産、原爆ドームと宮島を結ぶ48㎞のコースを、中学生から社会人までの7人のランナーがタスキをねらいます。
前回の覇者わが兵庫県は、前評判高く連覇をねらいます。
その兵庫県の代表ランナーの一人が西村陽貴くん。
中学3年生で娘と同級生。
娘が、『20日、西村くんがひろしま駅伝に出るよ』と教えてくれました。
中2の時に同じクラスだったのですが、運動会の練習の時に娘が語った言葉が印象的です。
『風(かぜ)』
全日中800メートル、1500メートル2位の実力者。
エントリーは6区3000メートルを走ります。
西村くん、応援してます!頑張ってください!!
兵庫県の皆さん応援よろしくお願いします!!
阪神淡路大震災から18年~命の大切さを考える~

今日は、1月17日。阪神淡路大震災から18年たちました。

中学生の娘は授業参観で、小学校の息子は防災訓練で1.17について学んできました。

上の写真の子どもたち(緑が丘、東吉川)も学校でお話を聞いてくれたことと思います。

阪神淡路大震災での犠牲者数は6434人。

犠牲者の中には色々な人がいたと思います。

前日までは、ぴんぴんしていて、まさか自分が死ぬなんてこと、思いもよらなかったと思います。

そのことを想像すると『世の無常』を感じないではいられません。

でも、『無常』だからこそ、今を生きるし、この一瞬を大事に出来るんだと思います。

『一度失われた命は二度と戻らない』

阪神淡路大震災から18年。

普段なかなか考えることが出来ない命について、今日は、考えました。

上の子どもたちも、考えてくれたかな。
域学連携


図は総務省の牧慎太郎さんがFBでアップしていたものです。

図に添えられた牧さんのメッセージ。
本日閣議決定された補正予算案に『域学連携』地域活力創出モデル実証事業の予算2.1億円が盛り込まれました。大学の先生方のノウハウや若い学生達の力が地域で大いに活かされ、創造的な人材の育成につながることを期待しています。


域学連携。

調べてみました。

ここではさわりだけ抜粋します。

総務省のHPによると、「域学連携」地域づくり活動とは、大学生と大学教員が地域の現場に入り、地域の住民やNPO等とともに、地域の課題解決又は地域づくりに継続的に取り組み、地域の活性化及び地域の人材育成に資する活動を言います。

詳しくは、リンク先のHPを見ていただきたいのですが、僕自身、これはいいな~と思って眺めました。

昨年、研修で京大に行った際にこんなブログをかきました。


域学連携によるまちづくり。今一番興味のある分野です。


三木市には関西国際大学があります。

世界一受けたい授業でも有名な全国区の桐生先生と絡みたいね。
頑張ることはすばらしいこと!

3連休の中日(なかび)。1月13日(日)、グリーンピア三木で三木市駅伝大会が開催されました。

息子が出るので応援に。

サッカーをやってますが、持久力が強いわけでなく、かといって短距離も強いわけでないので、『じゃぁー練習だけでも行っておいで』と送り出したところ、大会に出させてもらうことになりました。

試走の段階で話が違うと思ったらしいのですが、一度のってしまったら、『まな板の鯉』。
本戦も出場することに。

で、本人も父も母もびっくり。

駅伝の練習をはじめた頃から、なんと1分近くも速くなったんです。

本番タイムは5分38秒。



新年はじめの試走からも30秒縮めたというからほんとに驚きました。

結果を聞いてめちゃ喜んでました。

はじめからあきらめて参加しなかったら、この喜びを得ることはできませんでした。

頑張ることはすばらしいこと!

息子のがんばりをみて改めてそう思いました。

チャンスをくださった先生に感謝!!



赤いジャンパーは三木ライオンズクラブの皆さん。
毎年ぜんざいを提供してくださってるそうなのですが、今年、用意してくださったのは800食。
心のこもったあたたかいぜんざいに身も心もほくほくでした。

ごちそうさまでした!!
1.17竹燈籠作り(三木たけとり物語)
追悼の竹作りtaketori 036

今日は、17日、三ノ宮の東遊園地で行われる追悼行事『1.17のつどい』で並べていただく竹燈籠作りを行いました。

三木たけとり物語の一環で、緑が丘と吉川の子どもたちの交流事業の一環でもあります。

緑が丘と吉川の交流事業。

もう何年になりますか…。

農業どころ吉川をフィールドとして、熱血プロジェクトとして盟友の熱血漢丸坊主くんと緑が丘の新井さんらと始めました。
泥んこドッジボールをしたり田んぼサッカーをしたり…。
子どもたちも大きくなりました。

そんな子どもたちが主役の竹燈籠作りです。

燈籠作りを通して震災について学び、命の大切さを感じてもらえたらという思いもあります。

ただ思いの押し付けはしません。

1月17日には、おそらく学校で1.17の話をされたりすると思うのですが、感受性豊かな子どもたちですので、学校での学びと竹燈籠作りを相互リンクして考えてもらえるのではないかと思います。


大人はサポートとはいうもののなかなか大変です。

僕はもっぱら思いつくことをいうだけですが、それを実現してくれる周りの仲間がいるからこそできることであって仲間がいなかったら絶対にできません。

みんなでもちつきまでさせてもらって、こちらが考える以上のことがここでは実現します。

やっぱり人。

人のありがたみを実感します。

改めて感謝!!心から感謝!!

大事にしたい仲間たちです。

三木たけとり物語最高!!吉川最高!!と声高に叫びたい!!


冒頭の写真は、今日の記念撮影。

みんないい顔してるでしょ。


以下、今日のアルバムです。



追悼の竹作りtaketori 007
追悼の竹作りtaketori 008
追悼の竹作りtaketori 009
追悼の竹作りtaketori 010
追悼の竹作りtaketori 012
追悼の竹作りtaketori 014
追悼の竹作りtaketori 015
追悼の竹作りtaketori 017
追悼の竹作りtaketori 018
追悼の竹作りtaketori 019
追悼の竹作りtaketori 021
追悼の竹作りtaketori 022

追悼の竹作りtaketori 023
追悼の竹作りtaketori 027
追悼の竹作りtaketori 028
追悼の竹作りtaketori 030
追悼の竹作りtaketori 031
追悼の竹作りtaketori 032
追悼の竹作りtaketori 033
追悼の竹作りtaketori 035

子どもたちと竹燈籠作りをします(三木たけとり物語)
今日は、緑が丘町子ども会の子どもたちと吉川町の子どもたちが竹燈籠を作る日です。

竹燈籠は、1月17日に三ノ宮の東遊園地で阪神淡路大震災で亡くなられた方々を追悼するために並べられるものです。

3.11は記憶に新しいところですが、普段生活している中で、遠く東北のことを思うことがなくなってきました。

竹燈籠作りを通して子どもたちと一緒に3.11だけでなくごくごく身近に地震があったことを思い出してもらい、震災の怖さについて今一度考え、1.17に行われる追悼を、よそごとではなく身近なこととしてとらえてもらいたいと思います。

燈籠を作った後は交流会。

みんなで、山田錦味噌仕立ての野菜たっぷり『ようしょうさん鍋』をいただきます。

こちらも楽しみ。

この様子はFBでお伝えしますのでお楽しみに!!
国語の先生
もうすぐ受験。受験生をかかえるわが家ですが、父はマイペース、娘もマイペース、小6の息子はもちろんマイペース。母だけがカリカリしている。
そんなカリカリしたところで、急に娘の成績があがったりするわけがない。
急に息子も動くわけがない。
急に父もお腹がへこむわけがない。
わかっていてもカリカリするのだそうな。

マイペースだといっても、父は娘の勉強を見るのが好きだ。
難しいお年頃だが、勉強がいい会話の種になってる。
こう書いてみて思った。母は、父と娘が楽しそうに勉強してるから余計にカリカリするのかと。

ま、それはさておき、最近、国語を一緒に勉強してる。
一緒に勉強していて思った。
国語の先生はすごいと。
国語を教えるのはほんまに難しい。
他の教科同様に、問題集を一緒に解きながらこうやって求めるんやで~なんてなかなか説明できない。
だから、僕の場合、勉強前に予習が必要。
というわけで改めて国語の先生はすごいと思ったわけ。

でも国語なかなか楽しい。
この楽しさをどうなんと表現したらいいだろう。
的確に表現してくれる国語の先生はやっぱすごい。

マメ先生(僕の中学時代の国語の先生)、元気かな。
三木のえべっさんは神戸電鉄恵比須駅徒歩5分


タイトルのことをどうやったらお伝えできるかな~と考えて朝からとことこと神戸電鉄恵比須駅で待ち構えていたらやってきたのが冒頭の写真です。

いいのがやってきたと思ってカシャ。
ebisuhasnobori.jpg


今日は、宵えびす。

なかなかのにぎわいだったようですよ。

写真は井上章二さんがFBでアップしたもの。

yoiebisu.jpg


moblog_1cae324a.jpg
商売繁盛で笹もってこ~い♪
moblog_1cae324a.jpg

えべっさんですね。

明日1月9日~11日までの3日間、戎神社(三木市大塚2丁目)で開催されます。

1月9日(水)宵えびす
10日(木)本えびす
11日(金)残り福

詳しくはこちら
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.