FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201306<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201308
山田錦の館で七夕まつり

今日は、吉川町を中心に活動を展開中の『三木たけとり物語』で七夕の準備でした。
七夕といえば、短冊に願いごとを書いて竹にくくりつけると願いがかなう・・・とかで、日本全国津々浦々、各地で、七夕飾りが飾られると思います。
三木市もご多分にもれず。

が、『三木たけとり物語』の短冊は、他とちと違う。
それが上の写真。
涼を感じれるようにという意味も込めて、折り紙で風鈴を作って飾ります。

今日は、そんな活動のレポートです。

何よりもまず、飾るための竹が必要です。
文字どおり、竹とりから。


会場は、山田錦の館。


山田錦の館は、吉川温泉よかたんと軒を連ね、山田錦の郷の一画を担います。
↓ご存知よかたん。


山田錦の館では、とれとれ新鮮野菜の直売所を運営する地元の農家グループ『ようしょう会』とタイアップして、『七夕まつり』を実施中。三木たけとり物語も共同で行うそんなイメージ。


短冊にお願いごとをかくと、吉川町ならではのこんな特典があります。


で、風鈴づくり。
一般客も交えて作成。
講師は、地元吉川の池澤先生。三木たけとり物語の実行委員の一人でもあります。


簡単そうに見えますが、慣れたら1個作るのに10分程度で出来るかと思いますが、はじめてな上に(あ、去年もやったか)不器用な僕たちは1個作るのに30分くらいかかりました(笑)

でも、時間がかかればかかるほど、なかなか、いいのができた!!と感動ひとしおでした。


さて、『三木たけとり物語』について、まだまだ周知されていないと思います。
というわけで、七夕まつり会場にはこんなパネルをおいて、PRしてますがまだまだですね。

こんな内容です。

ちょっとさわりだけご紹介。

三木市には、もともと、たくさんの竹があり、特に、美嚢川河川敷には、「美嚢川を探すなら、竹を探せ」というくらい、たくさんの竹が植えられています。
美嚢川の竹は、昔、河川の氾濫を防ぐために植えられたものであるとともに、身近な生活の中で利用されるなど、地域の人々の生活と強い結びつきを保ってきました。
吉川町には、伝統工芸「美吉籠」があり、この伝統を受け継いでいこうと、近年では、竹とんぼ教室を始めとする竹細工の教室が開かれています。
また、平成20年3月、春の訪れを告げる奈良のお水取りに使われる11本の籠松明の1本に三木の「ま竹」が使用されました。・・・


三木たけとり物語のシンボルスポットは、山田錦の郷(山田錦の館・よかたん)で、シンボルロードもあります。
その名も「たけとりロード」。


こんな感じで、防護柵を疑竹の柵で装飾するなど竹のまちであることをPRしています。


センターに見えるのは黒滝です。黒滝へのアプローチ道路でもあります。




毎年、七夕の頃に、たけとりロードの草刈りを、実行委員会メンバーで行います。
今日は、なかなか暑かったです。後ろに見える黄色い袋の中は、刈り取った草です。


いい汗かきました。


この後、よかたんで、ひとっ風呂浴びて、午後から、風鈴教室を行ったのでした。


帰って、「遅い!!」と一喝を受けましたが、充実した一日を過ごしたのでした(笑)
スポンサーサイト



【再掲】ジャズピアニスト中村豊 『グッと!地球便』(7/7)に登場!


今日は、三木市若手アーティスト応援団からのお知らせです。

三木市若手アーティスト応援団の推薦アーティスト中村豊さんが日曜日朝の人気番組『グッと!地球便』に出演します。

中村豊さんは、三木市自由が丘出身で7年前より単身ニューヨークにわたり、教会のゴスペル指導を行いながら、ジャスピアニストを目指した活動を行われています。

放送日 7月7日(日)午前10:25~午前11:00
読売テレビ「グッと!地球便」


番組ホームページから


アメリカ・ニューヨークで、ゴスペル音楽のピアノ・オルガン奏者として奮闘する中村豊さん(31)と、日本の両親をつなぐ。
日本のジャズクラブなどで活動していた豊さんは、本場NYで勝負しようと23歳の時に単身渡米。4年前にNYのジャズクラブでピアノを演奏していたところ、教会関係者の目に止まり、ブロンクス地区にある教会の音楽監督に就任した。
街の信者たちが集まって結成された聖歌隊の伴奏を始め、選曲や発声法の指導などを行っているが、ゴスペルは単なる歌ではなく、祈りの言葉でもあるところに聖歌隊を指導する難しさがあるという。3年前、豊さんをずっと心配し続けてきた母が重い病を患ったときは、聖歌隊の人たちが不安がる豊さんを慰め、母のために毎日祈り続けてくれたという。そんな彼らの温かさに触れた豊さんは、病と闘い続ける母を気にかけながらも、この街に留まり、音楽の道を歩み続けることを決意した。そんな豊さんに、日本の母からあるモノが届けられる。



中村 豊さんがテレビ出演につき、三木市若手アーティスト応援団、FMみっきぃにてPRです。
テレビ収録の裏話などをお話しします。是非、お聴きください
放送日:7月4日(木) 18:00~(生放送)
FMみっきぃ 76.1MHz
出演:中村登志江(中村豊さん母親)
   藤江清史(三木市若手アーティスト応援団副会長)



ジャズピアニスト 中村 豊

1981年三木市生まれ。自由が丘小学校、自由が丘中学校卒業。子供の時から兄姉の影響でピアノに慣れ親しむ。2002年甲陽音楽学院ジャズピアノ科を卒業すると同時に、プロとしての活動を始める。関西のジャズクラブで自己のトリオを展開し、またサポートミュージシャンとして多数のアーティストの全国ツアーに参加する。この間、NHKにも数回出演し好評を得る。2006年渡米、NewYork で数々のセッションに参加、研鑽を積む。2008~2011St.Nick's Pub 金曜日、土曜日レギュラーピアニスト。アーティストビザを獲得し、NYを拠点にしながらツアー活動も行う。ワ
シントンDC、Blues Alley 等2010~Grace United Methodist Church 音楽監督就任/クワイヤディレクター/ピアニスト/オルガニストとして活躍し、本場のゴスペルミュージックに触れる。
2012年三木市文化会館、神戸にて一時帰国ライブを実施。
現在、ニューヨーク在住
たけとりロードの草刈り
三木市吉川町に『たけとりロード』という道があります。

『三木たけとり物語』という竹を生かしたまちづくりを進める上でのシンボルロードが『たけとりロード』。

年に一回のPRイベントの際には、町内のこどもたちが描いたかぐや姫の絵が飾られます。

明日は、その『たけとりロード』の草引きを実行委員会のメンバーで行います。

朝、8時集合。

もうこんな時間。
早く寝なくっちゃ。

ということで、おやすみなさい☆
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.