fc2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
202403<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202405
金物鷲、いざ、東京へ!!
金物鷲組み立て
(写真は、ブログdeみっきぃからお借りしました。)

今日も、神戸新聞から。

地元密着”神戸新聞”。

「三木おもろいわ」も神戸新聞のお二人にはかないません。

三木市局におられるお二人、新聞記事の向こうに、なんでしょう、三木への”愛”を感じます。

これからも、神戸新聞にお世話になります。



で、今日の記事は、三木金物のシンボル金物鷲が、全国各地や欧米から約2200社の企業・団体が出展する大規模な見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」(2月2~5日・東京)会場に、初めて展示されるというもの。

金物鷲は、のこぎりや小刀などで作る翼長5メートル、高さ3・2メートル、重さ1・5トンにも及ぶ大作。

1952年に初代が作られ、現在は3代目で三木工業協同組合青年部が管理。羽根はのこぎり、胴体は包丁や小刀などでできており、使われる金物は計約3000点に上るそうです。


この記事を取り上げたいと思ったのは、もちろん、金物鷲が、三木を代表するものだということもあるのですが、新聞記事の最後にお二人のインタビュー記事があったためです。

以下がインタビュー記事です。


金物鷲保存会会長の魚住徹さん(50)は「青年部の職人たちの熱い気持ちを感じる。初めて見る人は驚くはず」。青年部で金物鷲を担当する伝委員会委員長の梶原直樹さん(36)は「三木金物を全国に発信し、広く知ってもらうきっかけになってほしい」と話している。

お二人は、昨年の4月~6月の三木市観光交流キャンペーンでご一緒させていただきました。

最近、魚住さんから、仕事の関係で、お電話をいただいて、工業組合青年部の方々が3か月間、頑張っておられたことを昨日のように思いだしていました。

そんな矢先に新聞記事でお会いし、


これは、応援するべし!!


とまたまた、勝手に応援団よろしく応援記事を書かせていただいております。

梶原さんとは、あの時以来やな~。

また、一緒に語りたいと思います。

「東京インターナショナル・ギフト・ショー」での出店は、2月2~5日。

写真にありますとおり、三木の金物鷲は絶対すごい!!

お~~!!とびっくりされること間違いなしです。


ギフトショーに出展される三木金物商工協同組合連合会の皆さま、金物鷲を組み立てられる三木工業協同組合青年部の皆さま、頑張ってください!!
コメント
コメント
大作であり力作でもありますね。
一層のこと三木市の文化財に指定しては・・。
2010/01/29(金) 08:04:32 | URL | まつりおとこ #i90d08PE [ 編集 ]
Re
>まつりおとこさん
いいですね!
2010/01/29(金) 21:35:37 | URL | さるとる #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.