さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なに!!農作業が楽になる?!
時事ドットコムの記事。

『農作業支援ロボットで実証実験』

何の農作業支援???

と思って読んでみるとブドウの管理・収穫作業の支援とのこと。

ブドウ?!

これは興味深い。

こんな記事です。

ニュースの記事、リンクしていても、いつの間にかなくなってしまうことが多い。なので、消えてしまわないように、残しておきたいと思います。


東京農工大大学院の遠山茂樹教授らの研究チームが開発した、ブドウの管理・収穫作業を補助するロボットスーツの実証実験がこのほど、山梨県甲州市のブドウ園で行われた。
両ひざにバネが装着され、作業中の屈伸運動を補助するほか、ブドウ棚の剪定(せんてい)作業の際に上げた腕を任意の位置で固定できる装置も備えている。重量は約12キロ。定価50万円で、来春の一般販売を目指す。
 ロボットスーツ開発は、10年以上前に同教授が着想。フルーツ山梨農業協同組合(同市)が県内農家300戸に農作業の際につらいことなどをアンケート調査した結果を反映した。
 昨年2月に行われた実証実験の際にはモーターを装着していたが、軽量化や価格抑制のためにバネ式に改良。今後も実証実験を行い、改良を重ねる方針だ。試着した同市の農家、坂本浩二さん(43)は「農作業の負担はかなり軽減する。重さも気にはならなかった」と語った。



定価50万円。

ん~、ちょっと手が出ない。まだ、今のところ、薦めれないな~。

でも、今後の将来予測としては、どんどん改良されていくんだと思います。

来年、このスーツどんな風になっているかな。

注視しておきたいと思います。



あ?!どんな改良点が必要か?とかより広範な生の声が必要であれば、三木市吉川町には長谷観光ぶどう園がありますので、ご一報くださればと思います。

一緒にいい製品を作って行ければいいですよね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。