さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これいけるんちゃうん!!竹炭焼けた!!
おもちつき 100

先日、緑が丘町子供会の子供たちが、神戸の東遊園地で行われる1.17の「平和のともしび」用の竹灯籠を作っている一方で、三木たけとり物語実行委員会の面々は、竹炭の炭焼きに挑戦していました。

竹燈籠作り 001

あ!完全にブログ掲載のチャンスを逃してしまったのですが、緑が丘町子供会の竹灯籠作りは、神戸新聞にも掲載していただき、ネット記事にも掲載していただきました。

さてさて、竹炭なんですが、田んぼに2.5m四方、高さ2mの穴を堀り、火を入れ、その上に長さ2.5mの竹を積み上げていって、鉄板を敷いてその上から土をかぶせるというなんとも大胆な窯(?)による炭焼き。

これができるのは、実行委員のメンバーの中に熱血漢丸坊主くんというユンボ(重機)の乗り手がいるからなのですが、さて、どうなるかと、本日窯開きを行った結果。

な、なんと!!

冒頭の写真のような黒光りの竹炭ができていました!!

竹炭の山を下からすくい上げると

チャリん チャリん チャリん

まるでお金のような音。

これはまさしくお金の音!!(炭の音です。)


三木たけとり物語実行委員会では、大きな方向性として、この竹炭を農業用に使おうと考えています。

お金の音に聞こえる竹炭が本当にお金になれば、いうことはありません。


上の写真のとおり、炭焼きは、成功したといえます。

失敗した2008年11月19日から2年たった昨年11月25日再チャレンジを誓いました。


その時のブログはこう締めています。


『待てば海路の日よりあり


 素敵な出会いに感謝。


 吉川の竹炭

 近々、そんな日がやって来るかもしれません。』



『素敵な出会い』


この日、島根県で炭を焼いていたという女性、立岩さんが訪ねて来てくれ、三木たけとり物語実行委員会のメンバーに入ってくれました。

きけば、偶然にもこゆりさんと親交のある方とのことでした。

これは神のお導き!!

今回の成功の陰に立岩さんのアドバイスが多分にあったことは、言うまでもありません。

つくづく人の縁というのを感じるのでした。


吉川の竹炭


本当に、そんな日がやって来るかもしれません。
コメント
コメント
おおっ!スゴイ
竹炭づくりは難しいと聞きます
うまく進んで行けばいいですね!
薫姉ちゃんによろしくです
2011/01/15(土) 10:10:15 | URL | こゆり #- [ 編集 ]
Re:こゆりさん
炭の経験者がないなかで、立岩さんの存在はめちゃ大です!
立岩さんの加入で、炭焼きもうまくいき、三木たけとり物語にはずみがつきそうです。
にしても縁といいますか、繋がりといいますか。
なんとも、不思議な感じです。不思議な力の持ち主こゆりさんに感謝♪
2011/01/15(土) 11:30:00 | URL | さるとる #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。