さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日色VOL.19 元気な”みき”を創る会
110807_140405.jpg

今回のイベント開催でうれしかったのは、『元気な”みき”を創る会』のみなさんが、参加してくださったこと。

いつぞやのブログで『日色実行委員会』のメンバーに山本さんがいてくれるので、大きな団体の協力を得ることができそうですと紹介したと思うのですが、やっと種明かし。

大きな団体とは、三木を代表する『元気な”みき”を創る会』だったのでした。

『元気な”みき”を創る会』の皆さま、趣旨にご賛同いただきありがとございました!!


『日色』では、フリーマーケットに出店してくださいました。

三木でやるイベントですからね。

みんなで一緒に盛り上げることができたらいいじゃないですかね。

写真はありませんが、代表の井本先生ともお話しすることができました。


下は、『元気三木さん』のフリーマーケットの様子です。

110807_110006.jpg


また、ご一緒できることがあれば、よろしくお願いします。


冒頭の写真。

「はしつけて、500円でええで~。」

嘘いつわりのない素敵な笑顔ですね。
コメント
コメント
日色イベントについて
先日のイベント日色に少しばかり関わらせていただいたものです。
スタッフの皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。様々なご苦労お察しします。
このブログだけを見るとイベントは盛況だったかのように見受けられます。

ここに書くのが適切かどうかわからないですが、日色イベントについて取り上げられているブログがここしか見当たらなかったので思うことを一言述べさせていただきたく思います。

このイベントは「成功だった」「良いものだった」と言えるのですか?

1日中あの広い会場に人はまばらで、しかもほとんど関係者だけのように見受けられました。

会場で色んな人とお話させていただきましたが、ステージの出演者やアーティストの皆さんは段取りや対応にかなり不満を言っておられました。
飲食ブースの方で、「チャリティなので儲けるつもりはないが、来場者見込みが数千人と聞いてたので相当数の準備をしていたのにほとんど売れず大赤字。こんなことなら仕入れ費用をそのまま募金した方がよっぽどいい。」とグチをこぼしている方もいました。

言い方は悪いですが今回のイベントには、「復興支援」の思いも、協力者であるアーティスト・音楽家・出店者への配慮やねぎらいも、集客の努力も、全く感じられませんでした。

いったい何だったのでしょう?ただの自己満足ですか?主催者様や関係者の方で、本当に素晴らしいイベントだったと自負できる方がいればコメントいただきたいです。

地元を紹介するこういうブログはとても良いものだと思いますが、ダメなものを良かったかのように、失敗を成功のように捏造して紹介するのは、せっかくのPR用のブログの信憑性を疑わせてしまうと思います。

出演者・出店者はもちろん来場者の中にもこのブログを見られる方は当然いることを認識された方がいいと思います。

*荒らすつもりで書いたのではないことをご理解下さい。
2011/08/10(水) 17:25:37 | URL | hiromi #Kn05stJQ [ 編集 ]
Re:
日色にかかわっていただいたんですね。

おっしゃるとおり、中は、きりきりまいで大変でした。

僕、ボランティア担当だったのですが、なかなか集まらず、職場の先輩、後輩、友人、親類にきてもらったんですが、かなり無理を言い、本当に申し訳なく思っています。

成功の捏造

これは厳しいお言葉ですね。

僕のブログでは、上のようなこともあり、暑い中、協力していただいた僕の知人を中心に感謝の気持ちをお伝えさせていただこうと綴らせていただいています。

今後、実行委員長や発起人から正式に、義援金の報告やイベントのお礼があると思いますが、急ぎ返答いたします。
2011/08/10(水) 20:12:35 | URL | さるとる #- [ 編集 ]
日色のイベントにご協力ありがとうございました。
実行委員長をさせて頂きました吉本です。
準備期間が2ヶ月という短い期間の中で、イベントをあそこまで、作り上げるのはかなり大変でした。集客も許された時間の中で、出来る限り頑張ったつもりではあります。
結果から見ると、人は思ったより少なく、
出演者、出店者、ボランティア等々の皆様への配慮が足りなったこともご指摘の通りだと思います。
今から言えば全て言い訳になるのでしょうが、
イベントの内容としては、かなり素晴らしいイベントであったと思います。
ステージも飲食もアートもフリマも中々揃って頂くのは難しい顔ぶれで、しかもあんなに沢山の皆様に協力頂き、感謝です。
スタッフに関しても、人数の少ない中、仕事の合間を縫って凄く協力して頂き、当日も猛暑の中、ハードな状況で参加して頂いたことは、本当に心から感謝の言葉しかありません。
ただ、会場のシチュエーション上、ステージとブースが切り離されたようになってしまい
イベント自体が2分化されたようになったことは、残念です。
もっとステージの音が広がると考えており、当日になってから解った次第で、どうしようも無かったことは、事前のリサーチが出来ていなく、
主催者のシミュレーション不足があり謝罪申し上げます。
それと、スタッフ不足の為、準備していた募金活動やステッカー販売、のこぎりメッセージカードの作成などが、手に負えなくなり、
ほとんど活用できなかったことも反省しております。
実行委員も出演者も出店者も全員が震災復興のチャリティーイベントのボランティアだと思います。復興支援の気持ちが無ければ、しないですよ。ねぎらいもしたかったですが、前日からの設営、準備で睡眠もあまり取れず、倒れそうなくらい、いっぱいいっぱいでした。申し訳けないです。
当日になってからも対応に追われ、予定以外のこともあり、基本的な運営を維持させることで精一杯でした。すみませんでした。
それは私の心配りが足りなかったことをお詫び申し上げます。
集客に関しては、市内公共機関、神戸電鉄の各駅にチラシ設置、神戸新聞掲載、FM三木でのPR等努力はしたつもりですが、
猛暑の日中であること、各地区での催し等のバッティング、プールのお客さんが思うように流れて来ない等々考えられます。
震災復興を強く出しすぎたら、来場者が限られることを想定し、楽しめるイベントを作り上げ、足を向けてもらえるハードルを下げて
そこでお金を遣ってもらえれば自然に義援金をできるという仕組みを考えましたが、そのコンセプトが中途半端だったのか、良かったのかは、色々意見を聞いてみたいです。
私見では間違っていないように思います。
開催日の設定、時間、場所、PR、内容、主催者の力等、何が集客に絡むのか、どうすれば、人がもっと来てくれるのか、是非、ご教授願えたら教えて欲しいと思います。

私がこれを開催しようと思った理由は、
発起人の気持ちを理解し、自分にできることはしてやろうと思ったのと、三木の町を少しでも活気付けることをしたい、そして
今まで義援金や支援物資をしようと思っていても現実できていない人が、まだまだ沢山いるだろうし、景気が低迷している中、
露骨にお金を出すという行為に抵抗がある人も少なく無いだろう(私もそんなに義援金とかは出来ていません)と思い、楽しみながら義援金をできる仕組みを作り、出演者、出店者、来場者の皆さんが、楽しんで義援金を募り、温かい気持ちになり、被災地に少しでも届けたいと思ったからです。
終わったときは、達成感はありましたし、ねぎらいの言葉も頂き、感無量にはなりましたが、それを求めてこのイベントをしたのでは無いです。
日色というイベントを事故無く無事に終えることができ、後処理も終了し、落ち着いて色々考えました。お褒めの言葉も色々頂きましたが、手厳しい意見を言って頂く事が、勉強になります。
また、機会があるのか、無いのかは解りませんが、今回の反省点は重々配慮し、今後に活かして行けたらと考えます。
是非、またお力添えをお願いできたらと思います。
長文失礼しました
   吉本
2011/08/18(木) 16:50:52 | URL | 吉本 #adLYEaUk [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。