FC2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
838兆50億円
こんばんは。今日は寒気が流れて寒い1日になると聞いていました。朝方は、ほんと?と疑いましたが、天気予報のいうとおり寒かったです。ブルブルブル。

さてさて、つい先日、昨年末の国の借金残高の発表が財務省からありました。

皆さん、一体いくらかご存知ですか?

国の借金

なんと、838兆50億円だそうです。

この数字をみて、どんな印象を受けますか?

あまりに大きすぎて、実感がわかないというのは、僕だけでしょうか。

こんなときは、まず、自分たちの身近な額になおしてみることですね。

国民一人当たりという単位で考えてみましょうか。

1月現在の推計人口が1億2776万人ですから、838兆50億円を1億2776万人で割ると、国民一人当たりの額がでてきます。

計算の結果、なんと、約655万9000にのぼります。

この額はどうですか?

これは大きいですね。

ただ、年令を無視して単純に人口で割るのってどうでしょう?

年令を考慮して、借金の負担を考えると、高齢者の方よりも子供たちの方が長く生きる分、将来世代の借金の額が増えることになります。

そう考えると、生まれながらにして、借金を背負う子供たちは悲劇に思えます。

でも、生まれた子供たちは、借金を背負う一方で、生まれながらにしてライフラインや施設を手にしています。

借金は必要なものを建設するために、将来恩恵を受ける者にも負担してもらいましょうというものです。

そう考えると、これから長い間、施設の恩恵を受ける人たちにたくさん負担していただくのはいいことだなぁとも思いますが…。

あれ?わからなくなってきました。

『「借金」は必ずしも「絶対悪」ではありません。』とは、よくいわれるコトバです。

でも、僕自身、印象だけでものごとを判断するきらいがあります。

実は、僕自身、この借金については、完全に咀嚼(そしゃく)しきれていません。

ですから、今日の記事は僕の独り言です。

でも、この際ですから、借金について自分なりの考え方をちゃんと整理してみたいと思います。

ちなみに、あと50年生きた場合、18250日で655万円を支払うと1日359円の負担です。
(人口割りで計算するのはおかしいですね。あしからず。)
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.