さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、バトンは三木市にあります!三木でできるだけまわします!(日本一周 One World)
市民活動センター 009

2月 9日(木)関西国際大学(桐生教授と学生144名)~ブルボンビーンズドーム(宮地監督、JAPANマネージャーとテニス部10名)
2月10日(金)関西国際空港で今まさに飛び立とうとする神戸学院大学生22名

から、時間が空いてしまいました。

今日、このプロジェクトを呼びかけたバイクライダー元WGPチャンピオンの片山敬済さんの最初の趣旨文がFBにアップされました。

初心に帰るではないのですが、この呼びかけに再び喚起され、再び、三木でバトンを回すことを再開しました。

まず、訪れたのが、ボランタリー活動プラザみき。

三木で東日本大震災の復興支援についてもっとも真摯に活動されたといっても過言ではないと思います。

稲見所長にお会いすることはできなかったのですが、稲見所長と比肩するぐらいの実力者坂本さんと高田さんがおられたので、愛のバトンリレーの話をしたら、すぐに握ってくれました。

二人ともFBをやってるので、話が早い。

このお二人を皮切りに、三木でバトントスをしたいと思います。

ちなみに日曜日は、三木たけとり物語で炭焼きをするので、吉川までバトンを運びます。

3月18日の「みっきぃふれあいマラソン」まで認知度を高めたいと思います。


「日本一周 One World バトンリレー」趣旨文 2011/12/15

いま私たち日本は、大災害を受けて立ち上がろうとしています。

この日本が一日も早く立ち直ることは、世界にとって、とても重要な要因であると、私たち日本人は深く自覚しています。

そこで私たち、モーターサイクルを愛する仲間たちが結束して、被災で疲弊した日本国民にエールを送ることが出来ないかと考えてみました。

全ての日本国民みずからが奮い立てるように、「頑張ろうニッポン」を旗頭に、モーターサイクルを愛する仲間たちが、日本中をくまなく走り、「愛のバトン」をリレーする企画を立案してみてはどうかと考えたのです。

私たち日本は、この大惨事から多くの事柄を学びました。そしてこの学んだことを決して風化させることのないように、世界の人々にもこの教訓を伝え、共に学び、共に愛と勇気と元気を得たいと考えたのです。

2012年3月11日、私たちは被災地をスタートして、隣町で待つモーターサイクルライダーに、順番にバトンを渡して行きます。そのバトンを受け取ったモーターサイクルライダーは、次の町で待つモーターサイクルライダーにバ​トンを渡します。

それは平和の祭典であるオリンピックの聖火ランナーのように、「愛のバトン」を順番に手渡して行くのとよく似ています。

もし日本中のモーターサイクルライダーが同じように、「愛のバトン」を順番に手渡して行くことを受け入れてくれ、そしてそれが叶うならば、どれほど素晴らしいイベントになるだろうかと考えたのです。

それは想像しただけで、その偉大なる素晴らしさが手に取る様に分かりました。

そして日本中を巡った「愛のバトン」が、モーターサイクルライダーたちの熱い想いを乗せて、被災地に戻ってくる事ができたとき、それはどれほど被災者の冷え切った心を暖め、新たな一歩をあゆむ愛と勇気と元気を与えてくれるこ​とになるだろうか。

その素晴らしさを考えただけで、身の毛がよだつ思いがしたのです。

勿論、この活動は何百人ものモーターサイクルライダーによって支えられなければ実現しません。

ときには、道行く人々が、「愛のバトン」を受け継いで、次の方々に紡いでくれることがあるかも知れません。

そして、もし実現する事が出来たなら、「愛のバトン」が日本中を巡って、もう一度出発地点に戻ってくる事が出来たなら、どれほどに被災地の人々の心の癒しになり、明日を生きる礎になることか、その偉大さははかり知れません。​

とても残念なことに、被災された方々は今も震災前の元通りの生活には戻れていません。

きっと被災された方々は「私たちはまだ忘れられることなく、今も日本中の人々に愛されている、そして見守られている」と、私たちの One World活動を通じて、きっと暖かいメッセージを強く感じて頂けることでしょう。

そして、生きる勇気を失くし始めていた人々も、もう一度、立ち上がる勇気と元気が湧いてくる、そのように私たちは感じたのです。

日本中を奮い立たせる、貴方のその声援、それが私たち日本には、いま必要なのです。

この「日本一周 One World バトンリレー」を通じて、日本中の人々に、あまねく愛と勇気と元気が行き渡りますように。

愛を込めて。

All of Lovely Motorcycle Riders

And,

Bikers Emergency Response Team

Takazumi Katayama
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。