さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲んで飲んで飲みまくってください!そして買って帰ってください!
山田錦まつり 002
今日は、まず、昨日書けなかった山田錦まつりのこと。

「山田錦」

酒米の王者と呼ばれています。

こちらが、そのお米。
山田錦まつり 015
三木市は、酒米の王者「山田錦」の生産高が日本一。
そして、吉川町は山田錦の生産特A地区。
この特A地区を舞台に行われる山田錦まつりは、まさに、日本酒まつり中の酒まつり。


今年は参加者として、各社自慢の高級酒の試飲も堪能させていただきました。
山田錦まつり 019

試飲コップにちょこっとずつだけいただつもりなんですが、それでも各社のブースを一周回ったら、まっすぐ歩けてなかったような気がします。

熱血漢丸坊主くんも、この日は、山田錦の生産者として、菊正宗で、ブリ大根。
山田錦まつり 021

観光協会のブースもありました。
山田錦まつり 020
武雄市と人事交流をしていたODAくん直伝?のレモングラスティーをいただきました。

このレモングラスは三木産。三木のレモングラスは、上のストーリーからしたら、やっぱ、ODAくんが一番よく似合う。三木のレモングラス営業部長ODAくん、頑張れ!


さてさて、今日のタイトルは、昨日のオープニングでご来賓の県議会議員の仲田氏のごあいさつの名言です。

山田錦まつりで高級酒を試してもらうこともさることながら、日本酒の消費は、買ってもらってなんぼ。

そのごあいさつどおり、いっぱい買わせていただきました。

山田錦まつり

このまつりを機に日本酒の味をまた、銘酒を知ってもらい、日本酒のファンが増え、日本酒の消費が拡大されればいいな~と思います。

昨日、ブースに並んだメーカーは次のとおりです。
山田錦まつり 018

山田錦まつり 004

山田錦まつり 005

山田錦まつり 006

山田錦まつり 007

山田錦まつり 008

山田錦まつり 009

山田錦まつり 010

山田錦まつり 011

山田錦まつり 012

山田錦まつり 013

山田錦まつり 014

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。