さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みっきぃず いいね!


広報みき2月号(P23)に『みっきぃず』の募集が掲載されています。


『みっきぃず』とは、エフエムみっきぃの放送ボランティアの愛称で、エフエムが市民の意向を反映した番組作りを進めるために集めているボランティアのことです。

募集記事を抜粋すると、

『現在、高校生から70歳代まで幅広いボランティアスタッフとしておよそ50名が活躍しています。

主婦・学生・サラリーマンをはじめ、ミュージシャン、大学や高校の先生、お医者さん、川柳作家、デザイナーなど、その素顔は様々です。

エフエムみっきぃエリアにお住まいの方で、高校生以上なら、年齢、性別、キャリアは問いません。』

ボランティア内容は、①ミキサー②番組アシスタント③なんでもやりたい方。

なんでもやりたい僕は、③やな~。

僕は、『みっきぃず』という言葉の響きがものすごく好きで、エフエムみっきぃの放送ボランティアだけにとどめておくのはもったいないとずっと思ってきました。

なので、『みっきぃず』を全市的に広げることができないかと昨年、『未来にはばたくみっきぃタウン』というグループをFBで立ち上げたり、このコンセプトで『みっきぃず』の設立を働きかけたりしてきました。

大体、新しい組織は、生まれては消え、消えては生まれしますが、この『みっきぃず』は放送ボランティアとして長年ずっと続いてきたという実績もすごいし、実際に動く人が50人もいるというのはすごいことだと思う。
であるならば、なにもあらたに組織をつくらなくてもエフエムみっきぃを中心に、全市的に広がる『みっきぃず』の『わ』ができるんじゃないか。

そんな思いがふつふつとわいてきました。

それならば、僕自身も『みっきぃず』にいれてもらい、そんな『わ』づくりを進めていきたく思います。

ボランティアをしながらね。

というわけで、今日、さっそく『みっきぃず』に応募してきました。

みなさんも『みっきぃの「わ」』、『みっきぃず』に入りません??
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。