さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
室町時代作、全身の迦楼羅(かるら)が伽耶院で見つかった!5/6まで展示!!

仏像の背後に付く装飾がありますが、その装飾に想像上の大鳥の神「迦楼羅(かるら)」が胴体まで表現されているのが伽耶院(三木市志染町大谷)で見つかったのだそうです。

通常は、火炎を口から吐く迦楼羅の頭だけ描かれることが多く、胴体まであるのは珍しいんですって。

室町時代作とのこと。

5月6日まで、同院の本堂で展示されています。



詳しくは、神戸新聞をご覧ください↓
https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/201504/sp/0007967549.shtml
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。