fc2ブログ
さるとる ファイト! 三木市が大好き!!
NPO法人This is MIKI 理事長 森田優(さるとる)のblogです。~大きくなるたびもっと大きな夢を見る!夢と感動を求めて飽くなき挑戦!さるとるは仲間たちとともに明るい未来(三木)の実現に向けて働いています!~
202402<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202404
出会い
さるとる(10.27)

こんばんは。今日の天気は微妙でしたね。
雨がパラパラきたり、やんだり、晴れ間をのぞかせたり…。
そんな変な天気でしたが、今日はなんやかやとありました。

まず、11月3日、4日に、三木市最大のイベント、金物祭が行なわれますが、その会場周辺をきれいにしようとゴミ拾いと草刈り。
この美化活動は、ボランティア活動の一環で、美化倶楽部とよんでいる活動なのですが、僕の参加は、今の部署に配属されてから、この活動の始まりのエピソードを聞いて、感動しての参加です。
ですから、僕自身は年は浅く、まだ4年目です

始まりのエピソードは、ちょっといい話なので、紹介させてください。

その昔、道を担当している職員が、「自分達のつくった道がゴミまみれにされるのは、悲しい気持ちになる。」とメンバーを集めてゴミ拾いをしたのがはじまりです。
以来、メンバーも徐々に増え、また、異動で仕事上、道と関係がなくなっても続けて参加するそうです。

今では、活動の範囲は、公園にも広がっています。

今日は、10月から三木に来ている佐賀県武雄市のKさんにも参加を呼び掛けました。

僕としては、せっかく三木に来ていただいているのだから、三木のいいところをいっぱい知ってもらおうと思っています。

でも、その前に仲良くならなければ…。

作業を通してなら、仲良くなれるだろうと思って誘いました。
やったね。
武雄市からやってきたKさんは、ご自分で希望して三木に来られたとあって、積極的な姿勢をお持ちになった好青年です。

そうそう、この活動に、今日は、市長も参加しておられました。
率先して、頑張っておられましたよ。

それが終わって、新しく本町にできたすき屋で牛丼大盛り450円を食べ、景観PJTのメンバーで、竹を使った花壇?モニュメント?を製作しました。

竹は、吉川の伝統工芸として有名です。
この竹を使ってまちを飾れないかと思っています。
でも、いきなり、竹を使ってなんかやりませんか?といっても、竹をきったこともない者が、竹細工の苦労も知らずに、勝手なことはいえませんので、まずは、自分達で何か作ってみようということで、作りました。

文化会館駐車場入り口にあります。金物祭にお越しの際は、「これかぁ」と御覧ください。

夜は、観光TMでした。観光はみっきぃふるさとふれあい公園の大事な要素ですので、きいておく必要がありましたので、出席しました。

おいおい。みっきぃふるさとふれあい公園はどこへいったのよ~。

景観は景観、観光は観光、健康は健康等、縦割りにならないようにみっきぃふるさとふれあい公園を提案したんですが…。

残念っ…。

ま、今は、縦割りで考えたとしても、どこかでつながりますから、いいんですけどね。

でも、観光PJTで、きらりと光るものがありました。それは、ミント神戸のスクリーンに三木の観光地が、映し出されるというものです。
これには、出席者のひとり、やまかずくんもくらいついてくれました。
彼の質問で、3分ものが、一日3回ということがわかりました。
回数や時間はさておき、今までの三木にない活気的なことだと思いました。今後、充実させてほしいですね。

ここまで長々と綴ってきましたが、今日、どうしても綴っておかなればならないことがあります。

最後にそれを綴ります。

広報10月15日号の裏面1ページを使って、三木青年会議所の方々が作られた郷土カルタが紹介されています。

僕は、この記事をみて、「JCやるなぁ」という感想を持ちました。
というのは、僕らもみっきぃふるさとふれあい公園に到達するまでに郷土への愛着等をいかに考えるかがありました。

その記事をずっと書きたいなぁと思っていました。

今日、この記事を書けるのは、本当にうれしいです。というのは、そのカルタづくりを手懸けたメンバーのひとりが、観光PJTにきてくださっていたのです。

彼の提案(質問)の中で、「三木の者でも、こんなところがあったのかと知らないことやところがいっぱいあります。…郷土への愛着を醸成するようなことも必要です。」

ピンときました。

カルタのことだ。

一見、カルタと観光はくっつかないようですが、僕はそうは思いません。

賛否両論あるでしょうが、観光拠点にしようとしている旧玉置邸を三木の郷土カルタ大会決勝戦の場にするなんていかがでしょう?

小、中、高、一般の予選を別会場でやり、それぞれの決勝を旧玉置邸でやるなんていかがですか?
あるいは、各市の郷土カルタ大会の会場にするのもいいかも。
これは三回戦勝負なのですが、一回戦、二回戦は各市の郷土カルタで交互に勝負、三回戦は、両市のカルタを混ぜて勝負を決するのです。カルタ大会が終われば、その郷土カルタの箇所を紹介してまわる。
まだまだあると思います。

そんな感想を持っていたもんだから、どうしても、しゃべりたくて、終わってから話かけました。

意気投合。

今後、まちづくりについて意見交歓会をしましょう!といって、固い握手を交わし、会場を後にしました。
これから、おもしろくなりそうです。
コメント
コメント
No title
さるとるさんへ
あなたの行動力には心から敬意を表するところです。いつも感心しています。応援もしています。

ただ今回のブログでひとつだけ気になったことがあります。
それは観光タウンミーティングについてのくだりです。
「みっきぃふるさとふれい公園」について触れてなかったことを残念がっておられますが、さるとるさんは今回のタウンミーティングに携わっておられなかったのでしょうか?
もし自分たちから積極的に働きかけていないのだとすれば、観光のセクションを責める前にご自分が行動しなかったことを反省するべきなんじゃないかと思います。
その姿勢、考え方こそ縦割りだと思いますよ。

さるとるさん個人を責めているわけではありませんのでお許しください。

今回のことは、組織としてもまだまだ「みっきぃふるさとふれあい公園」を横につなげていこうという発想が、担当課や部長はもちろん、市長にもそのような考えがなかったという証拠なんだと思います。
縦割りを嘆く前に、自ら動かなければ、他人任せにしているといつまでも組織は変わらないと思います。
大変厳しいことを書きましたが、もし私の認識が間違っているようであればお許しください。

これからもさるとるさんのことを応援していく気持ちに変わりはありません。
今後ともますますのご活躍をお祈りしています。
失礼しました。
2007/10/28(日) 16:58:41 | URL | R175 #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

観光PJTに先立って、景観PJTのタウンミーティングが9月1日にありました。

今回の観光PJTの発表に際して、景観PJTのPPを参考にしたいと申し出がありました。

これで、てっきり、「みっきぃふるさとふれあい公園」の考え方の下に発表があるものと思っていました。
でも、昨日の発表は残念ながらそうではなかった。
(参考というのは構成のことだったのね…。)

これは、PJTを各部で割っている弊害です。

でも、PJTの組織はそうであっても、同じ庁内にいて顔をあわせますから、発表について意見は言えるはずですし、状況把握はできますよね。

R175さんのご指摘は、もっともです。

意見を求められたら、動こうという僕自身の従前と変わらぬ縦割りの姿勢があったことは否めません。
これでは、口にしていることと行動を一にしていません。
また、僕の性格からしても、らしからぬ姿勢です。

ご意見をいただき、勇気をいただいた心境です。
待ちの姿勢から、自ら考え行動し、協調を図っていくように努めたいと思います。

貴重なコメントありがとうございました。
2007/10/28(日) 17:24:57 | URL | さるとる #- [ 編集 ]
No title
縦割りとおっしゃいますが、今、パブリックコメントを募集しておられる「都市計画マスタープラン」は、さるとるさんの部署のものではないのですか。「みっきぃふるさとふれあい公園」の構想には、どこにも触れられていないように見えます。

ところで、11月3日には、防災公園に、伊達公子をはじめ、日本有数のプレーヤーが集結しますが、なぜ、そのことにはひとことも触れられないのですか?「テニスのまち」三木を目指すのではないのですか。まさか、まちづくり部におられて、たったそれだけの情報が入ってきていないわけではないですよね。

さるとるさんは、以前にも、三木市がエコバック協定を結んだことをご存知ではないようなことも書いておられましたが・・・・あれも、ホームページや、広報みきなどで、大々的に取り上げられていたように記憶しています。
なぜ、ご存じなかったか、不思議でなりません。

ご自分が言い出したこと以外は、取るに足らないもので、今日、自分が思いついたもの以外には興味がない・・・そんなお気持ちが透けて見えます。

そんな方に、縦割りと組織を批判する資格はないのではないかと思います。

・・・とりあえず、組織や他人のせいにして、「自分は頑張ってるのに」と言いたい様なブログを、流される前に、本当に、ご自身と組織のかかわりについて、見直してみられてはいかがでしょうか。

それと、みっきぃふるさとふれあい公園の意味が理解できません。
Garden City みき を日本語に変えただけのような印象を受けるのですが。
いかにも斬新なように宣伝しておられますが、ゾーニングして、一体的な都市計画を作るというのは、旧来の都市計画と何が違うのですか?

子どもの落書きのような、ゾーニングの絵柄にロゴ、これを以って、三木市の基本計画に位置づけなければいけないような必要性は特に感じることができません。

それを、用いてもらえないのは「縦割りだ」「みんなが理解してくれないからだ」と公言されるのは、自分勝手な主張のように見えるのですが。
2007/10/29(月) 20:29:44 | URL | 一市民 #- [ 編集 ]
一市民様

僕自身のことも顧みず、好き勝手に書いておりますことを、お詫び申し上げます。

伊達公子さんが来られることは、今日書きました。
タイトルは、「コーディネーター」です。

今後(今まででもそうですが)、コーディネーターが必要だと思っていますし、僕自身、そうなれるように努力していきたいと思います。

そのために、日々できることから積み上げていきたいと思っています。

このブログは、僕の日々の記録です。

三木市の様々なことについて、一職員として自分なりに思うことを書いています。

他人のために書いているのではなく、僕が僕自身のために書いているので、一人称で書いてしまい、結果、僕が主人公になってしまいます。

ブログに書くことで、以前のテニスファンさん、今回の、R175さんや、一市民さんのように、僕の至らぬ点をご指摘いただけます。

こんな風にご指摘いただいて、その点を改めることでもまた、成長できるのかなぁと思いますので、このブログの綴り方はこのままでいこうと思います。

コメントありがとうございました。
2007/10/29(月) 21:40:11 | URL | さるとる #- [ 編集 ]
さるとるさんへ

いつも楽しく読ませてもらってます。

責められてますね?!

私は、さるとるさんの飾らないブログ好きですよ。

なんか、距離が近くなったような気がしますもんね。
これからも、頑張ってください!
2007/10/29(月) 21:58:55 | URL | はなちゃん #- [ 編集 ]
さるとる ファイト!
2007/10/29(月) 22:49:24 | URL | 一市民二世 #- [ 編集 ]
おる。おる。こんな奴。
他人が主張したことのどっか言葉尻をつかんで、ひきずり落とそうとする奴。
ちょっと、目立つ奴がでてきたら、気にいらんねん。さるとるさん、別に気にせんでええよ!
それにしても、自分のやり方を貫くと宣言したのは、男前やな。気にいった。じっと、応援してるで!
2007/10/29(月) 23:55:40 | URL | そらまめ #- [ 編集 ]
質問です
はじめまして

総合計画とみっきいふるさとふれあい公園構想の違いと関係を「計画」と「構想」の言葉の定義も踏まえた上で教えてください。
また、総合計画の中にみっきいふるさとふれあい公園構想のことは触れられていますか?
2007/10/30(火) 07:25:58 | URL | たまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
頑張って!
色々な意見ありますが、さるとるファイト!頑張れ 自分の気持ちや想いを、大事にして下さい。挫けそうな時は、応援してる、一市民二世さんや、そらまめさんが、おる事を忘れんでいてや
2007/10/30(火) 23:26:16 | URL | 神妙 #- [ 編集 ]
はなちゃんさん
一市民二世さん
そらまめさん
たまちゃんさん
神妙さん

コメントありがとうございました。

はなちゃんさん
一市民二世さん
神妙さん

はじめまして。
応援していただき、本当にありがとうございます。
毎日、浮かんでは消えていくアイデアを後から読んだら、面白いかもと思いながら綴っている、自分本位なブログです。
でも、根底には三木市をよくしたいという気持ちで発信しております。
どうぞ皆様、今後とも、よろしくお願いします。


そらまめさん

応援ありがとうございます。でも、攻撃的な発言は、申し訳ありませんが、遠慮願います。
でも、いつも、助けていただいて感謝しております。

たまちゃんさん

はじめまして。
回答になるかどうかはわかりませんが、「みっきぃふるさとふれあい公園」について、自分なりに、整理してみました。30日のタイトルが「みっきぃふるさとふれあい公園」です。

皆様、コメントありがとうございました。
2007/10/31(水) 00:18:39 | URL | さるとる #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.